当店の事例で最も多いのが、文字のアウトライン化を施していないデータです。入稿データにお使いの書体(フォント)のアウトライン化をしていないデータは、文字化けなどの不具合により正確なデザインが再現されない場合がございます。必ずフォントは全てアウトライン化してから入稿してください。
次に多いのが、画像をリンク配置で使用している場合のリンクファイルの不足です。画像がリンクで配置されている場合は、元になる画像データが不足しているとデータに表示されませんので、印刷ができません。画像データが複数ある場合等は、画像の埋め込みをお勧め致します。
その他には、仕上がり(断裁サイズ)外側までのべた塗り(色アミ)や、写真(画像)がある場合の、塗り足し不足があります。デザイン上、仕上がり外までのべた塗りや、画像がある場合は、天地左右とも外側へ3mm(外側のトンボまで)塗り足しをお願いいたします。この塗り足しがないと印刷後に断裁した時「白」が出てしまう場合がありますのでご注意ください。上記以外にもご不明な点はがございましたらどうぞお気軽にご質問ください。名刺550スタッフが丁寧にご説明させて頂きます。

名刺データの作成・保存形式・ご注意