ビジネスマンであれば、日常的に名刺を交換するシーンはあると思います。そんな時にどのように振る舞えばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

今回は名刺交換の時にどのように振る舞えばいいか、名刺交換のマナーについて説明していきたいと思います

意外と知らないマナーもあるので、ぜひ参考にして相手に失礼のないようにしましょう。

名刺交換のマナー

名刺の渡し方

名刺の交換は基本的に立場が下の人から差し出すのが礼儀です。相手の方に対面する前にすぐに取り出せるように事前に準備しておくことが大切です。特にお取引先等にこちらから訪問した際には、訪問者側から先に名刺を差し出すようにします。

また名刺交換は立って行い、テーブル等がある場合は回り込んで相手の前に立って行います。
名刺は、相手に文字が見える向きで両手で持ち、そのまま胸の高さに構えて名刺を差し出します。その際、指で名刺の文字を隠してしまわないように注意してください。

「株式会社○○○○(会社名)の△△△△(名前)と申します。よろしくお願いいたします。」など、会社名と自分の名前もハッキリと相手に伝えるようにします。この時、出来るだけ笑顔で相手に視線を合わせるようにすると印象も良くなります。

名刺をもらうときには両手で

相手から名刺をもらうときには必ず両手でもらいましょう。両手でもらいながら、「頂戴いたします」と言うことも大切です。

このタイミングで「〇〇様ですね」と相手の名前を確認しておくと良いでしょう。相手の名前の漢字がわからないときにこのタイミングで聞いておくことで、読み方を知ることができます。

またもらうときには相手のログや氏名などに自分の指がかからないようにするのも注意しましょう。

名刺をもらった後にすぐにテーブルの上に置いたり、名刺入れにしまったりするのは失礼なので、軽く名刺の内容を見るようにしましょう。もし何か会話のきっかけとなるような情報が名刺にあった場合は少し世間話をするのも良いでしょう。

同時に名刺交換をする場合

ここで、よくあるケースとして名刺を差し出したときに、相手も同時に差し出してきた場合の対応方法も覚えておくといざという時に役立ちます。

まずは、慌てずに自分の名刺入れの上に名刺を置いて両手で持ちます。そのまま滑らすように右手で自分の名刺を相手に差し出しながら、左手と名刺入れで挟むように相手の名刺を受け取ります。名刺を受け取ったら一旦名刺入れの上で両手を添えて持つようにすると丁寧な扱いに見られます。

名刺は左斜め前に置きましょう

名刺をもらったら自分から見て左斜め前におきましょう。名刺は直接テーブルの上に置かずに、名刺入れの上に置くことがベストです。テーブルなどに名刺を置くスペースがない場合は名刺入れに入れ、バッグにしまうのが良いでしょう。

名刺をしまうタイミング

テーブルの上に名刺を置いた場合、名刺入れに名刺をしまうタイミングは雰囲気を見ながら行いましょう。相手が名刺をしまっていないのに、自分だけ名刺をしまってしまうのは失礼になる場合があるので、相手がしまったタイミングで名刺をしまうのが良いでしょう。

名刺交換で好印象を与えましょう

人は人と会った最初の30秒で印象が決まるとも言われています。

名刺交換によって好印象を与えれば、商談もうまく行く可能性が上がるでしょう。

上記のことをしっかりと参考にして、名刺交換を行なってください。

名刺の印刷・作成は早い、安い専門店名刺550へ