最近ではスマートフォンやネットの普及が進むことで、名刺の管理はデジタル化されつつあります。

今回は名刺を簡単に管理することができるおすすめアプリを3つ紹介していきたいと思います。

紹介していくアプリの中には日本語以外の言語を認識することができるアプリや写真でデータ化することができるアプリなど様々な機能がついたアプリを紹介していきます。

スマートフォンの使い方などがイマイチまだよくわからないという人でも直感的に簡単に使えるアプリのみを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

名刺の束

代表的な名刺管理アプリ「Eghit」

名刺管理のアプリで多くの人に利用されている無料アプリが「Eghit」です。こちらは名刺を自動でデータ化するアプリではなく、名刺をスキャンするとオペレーターが名刺をチェックし、名刺の情報を入力してデータ化してくれます。こうすることで自動でなかなk読み取ることができないメモや小さな文字などもきれいにデータ化することができます。誤字脱字も少ないので、かなり高品質なアプリです。

また他の機能として相手もこのアプリを使っている場合、名刺のデータを自動で更新することができます。相手先の役職や部署などが変更になった場合は自動でデータが更新されます。また自分の名刺データを更新すれば、あなたの名刺を登録している相手側のデータも更新されます。

また他にも電話やメール発信、地図情報などをグーグルマップで表示することができます。

Eghitのおすすめポイント

  • オペレーターが情報を入力してくれるので、安心
  • データが自動で更新される
  • 電話や地図情報なども他のアプリと連携可能

パソコンからも閲覧できる「スマート名刺管理」

同期した名刺データならどのデバイスでも見ることができるのが「スマート名刺管理」というアプリです。

カメラで名刺を撮影してデータ化することもできるので、スマホを持っている人なら誰でも簡単に名刺をデータ化することができます。また日本語以外にも英語も認識可能なので、海外で使用することも可能です。写真でデータ化した名刺のデータはアドレス帳に保存することもできます。

さらに有料版を購入すると日本語、英語以外に中国語など24言語を認識することが可能となります。

スマート名刺管理のおすすめポイント

  • カメラでデータ化が可能
  • 外国語にも対応

素早くデータ化してくれる「CamCard」

自動認識で名刺をデータ化してくれるアプリが「CamCard」というアプリです。自動認識なので、かなりスピーディーに名刺をデータ化してくれます。自動認識の分少し制度が落ちるので、少し自分で修正作業が必要となります。

また日本語以外にも英語など豊富な数の言語を認識してくれます。他にもアプリ上で名刺交換可能であったり、名刺の傾き修正やトリミング、連続撮影など様々な機能が付いているのも嬉しいですね。

CamCardのおすすめポイント

  • 自動認識なので、スキャンがスピーディー
  • 名刺の傾き修正、トリミング、連続撮影など機能が豊富

まとめ

今回は名刺管理のアプリを紹介していきましたがいかがだったでしょうか。本文でも書きましたが、名刺アプリが認識し易い名刺デザインを作成することも相手に対する気配りとなりますね。

名刺管理アプリは紹介した他にもたくさんあるので、自分に合うアプリを使用しましょう。

名刺の印刷・作成は早い、安い専門店名刺550へ