普段何気なくやり取りを交わしている名刺。その名刺についてよく考えたことはありますか?

名刺の文化や使われることとなった背景をきちんと理解することで、より名刺にも愛着を持つことができるでしょう。

今回は、そんな名刺の文化についてご紹介いたします。

名刺という文化

名刺が作られだしたのはいつ・どこで?

名刺の始まりには様々な説がありますが、古くは中国で名刺の文化があったと言われています。三国時代の朱然という武将のお墓の中から、名刺らしきものが見つかっています。

当時は竹に自分の名前を書いたものが使われており、当時は「刺」と呼ばれていました。それに名前が書かれていたことから「名刺」と呼ばれるようになったのです。

三国時代というと今から2000年ほど前。その後時は過ぎ、次に16世紀のドイツで名刺は発見されました。ドイツからヨーロッパへ広まり、アメリカ、そして日本にも名刺の文化は受け継がれていきました。

日本で名刺が広まったのはいつ?

日本で名刺が使われだしたのは江戸時代だと言われています。

当時名刺は、相手宅に訪ねたときに不在だったときに自分の訪問を知らせるためのものとして使われていました。

その後幕末期には印刷技術がヨーロッパから渡り、名前の他に家紋を入れる文化も浸透していきました。

印刷技術が広まったことで名刺も一般的なものとなり、その後社交界において欠かせないアイテムの一つとなります。中国から始まった名刺ですが、今や日本人の方が名刺を大切にしているとも言われています。

日本での名刺の位置づけ

ビジネスマンの必須アイテム、名刺。相手の情報を知ったり、その後のビジネスにつなげるためには欠かせない名刺ですが、どの国でも同じように重宝されているのかと言うとそういうわけでもなさそうです。

世界的に見ると日本の名刺は非常にバリエーションが豊かで、その印刷やデザインもキレイなものが多いのだとか。当たり前に思っていることでも、キレイな名刺の束を見ると外国の方は驚くのだそうです。

日本人は名刺を「自分の分身」だと思え、とまで言われる重要なアイテム。

一方アメリカなどでは名刺は相手の名前を知るためのカード的な扱いをされているので、その場でメモ用紙として使われることも珍しくありません。海外の方と名刺交換をする機会のある方は、最初は驚いてしまうかもしれませんね。

名刺に関するそれぞれの国の考え方を知るのも面白そうです。

名刺を激安で印刷するなら

名刺の文化についてご紹介いたしました。名刺は日本のビジネスシーンで重要な位置づけのアイテムです。キレイな名刺で目を引くことができれば今後のビジネスにもつなげることができそうですね。

そんな名刺を大量に印刷する際に気になるのがコストです。カラーを使ったり特殊な印刷をお願いすると、金額も跳ね上がってしまいますよね。

名刺印刷のコストでお悩みなら当店へご相談ください!激安で質のいい名刺印刷を心がけています。安いだけでなく、質がいいだけでなく、しっかりとビジネスシーンに映える名刺を作成させていただきます!

お客様の様々なご要望にお答えし、素敵な名刺を作るお手伝いをさせていただきます。

社員が多くて大量に注文する必要がある、こだわりの名刺を作りたい、初めて名刺の印刷をお願いするけどどんな風に依頼すればいいかわからないなどなど…名刺にまつわるお悩みもぜひご相談ください。

当店の名刺作成はスピード仕上げにも自信があります。ご依頼を受けて印刷が完了したら即日発送!名刺到着までのスピードも早く、お客様をお待たせしません。名刺を切らしてしまった、名刺がすぐに欲しい、新しい会社を立ち上げるために名刺を用意する必要があるという方は、ぜひ当店の名刺作成サービスをご利用ください!

名刺印刷・名刺作成は激安・即日発送の名刺550へ