名刺を無料で作る方法はいくつかありますが、自分で作ってしまうという選択肢もあります。

今回は名刺を自分で作る方法をまとめてみました。自分でこだわりの名刺を作りたい人はぜひ参考にしてみてください。

自分で名刺を作る方法

名刺を自分で作る時の注意点

まず最初に名刺を自分で作る時の注意点について説明していきます。

名刺のサイズに気をつけよう

一般的に日本で使用されている名刺のサイズは「91×55ミリ」です。欧米では「89×51ミリ」のサイズが使われています。

名刺のサイズを間違えると相手の名刺入れに自分の名刺が入らなかったりして、迷惑がかかる場合があるので、しっかりと調節しましょう。

名刺のデザインは横向きに作ろう

名刺は縦デザインのものと横デザインのものがありますが、横向きが一般的なので横向きで作るのがおすすめです。縦のデザインを使用している企業もありますが、最近ではメールアドレスなどを名刺に載せることが多くなってきたので、横のデザインが好まれています。

Wordで名刺を作る

基本的にwordではテンプレートの検索から「名刺」と検索すると名刺のテンプレートがいくつか出てきます。柄入りのものもあれば、シンプルな無地の名刺のテンプレートもあるので、自分の好みに合わせて選ぶことも可能です。

テンプレートを選んだら、図やテキストボックスなどを挿入して文字や写真などを挿入してみましょう。

保存する場合は画像として保存することで、縮小したり拡大したりしてサイズを調節することも可能です。

excelで名刺を作る

excelでも名刺を作ることができます。excelでは名刺のテンプレートは存在しませんが、セルのサイズを調節することによって名刺を作ることができます。行と列のサイズを名刺のサイズに設定して、文字を書き込んだり、写真を貼り付けたりすることによって名刺を作成することができます。
wordよりもexcelの方が簡単に名刺を作ることができるのでおすすめです。

ネット上の無料・有料ツールを使う

ネット上には名刺を自分で作るためのツールがたくさんあります。無料のものも有料のものもあるので、自分でクオリティーの高いこだわりの名刺を作りたい人はツールを探してみましょう。

wordとexcelに比べてクオリティーの高い名刺を作れますが、ツールの使い方などを学ぶ必要があるので少し手間がかかるでしょう。

以下でいくつか名刺作成ツールを紹介しておきます。

ラベル屋さん

名刺の用紙やテンプレートを選択して、自分のこだわりの名刺を作成することができるツール。機能が豊富に揃っているので、名刺作成以外にも様々な用途に使用することができます。

エレコムらくちんプリント

簡単操作で名刺を作成することができるツール。直感的に操作することができるので、PC初心者にもおすすめです。

名刺デザインギャラリー

様々なテンプレートの中から名刺のデザインを選ぶことができるツール。ビジネス用や私用の名刺など様々なテンプレートが揃っています。

まとめ

このようにデザインの細部にまでこだわる人は自分で名刺を作ることで、自分だけの名刺を作ることができます。

プロのデザイナーや名刺作成の専門業者に頼む場合と比べて少し時間がかかるかもしれませんが、本来名刺は自分を知らない相手に自分を紹介するツールですから、自分でこだわりの名刺を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

名刺の印刷・作成は早い、安い専門店名刺550へ